■鉛筆などで下描きした後、面積の広い部分から着彩していく。紙にあらかじめ水を塗っておくとムラなく滑らかに色が広がる。