ターレンスジャパンターレンスジャパン
ブランド紹介
会社概要
リンク
ホーム ニュース&トピックス 製品案内 アートレッスン Q & A お店紹介 アートサンロン大賞 ターレンスクラブ
 
《アートレッスン》


各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

レッスン
  油絵具 | アクリル絵具/ベーシックアレンジ | 水彩絵具 | パステル | TOP
基礎知識  油絵具 | アクリル絵具 | 水彩絵具 | パステル 

アクリル絵具 基礎テクニック アレwンジテクニク 画材BASICS
 [直塗り]
 [グラシュ技法]
■水を多めに混ぜて、水彩絵具のように使用する最も基本的な使用法。   ■薄い色から順に、下の色が乾いてから色を重ねる。   ■パレット上で絵具にたっぷりと水を混ぜ、透明度を高める技法。   ■下の色が乾いたら同じ薄さに溶いた別の色を重ねる。下の色が透けて見え、透明な空気を感じさせるものになる。
   
 [厚塗り]
 [ドライブラシ]
■水の量を減らせば、不透明絵具と同じような使い方もできる。  

■地下の色の隈がわずかに残るように色を重ねていく。

 

  ■乾いた筆の先に絵具をわずかに付けてこするように塗る技法。   ■細かな部分は、細い筆やへら筆の角の部分を使う
   
 [ジェッソを使う]
Q&A
.
Qアクリル画の筆は、特別なものが必要なのですか?

Aアクリル絵具に天然毛を使うといたみやすいため、合成繊維筆が適しています。アクリル絵具はアルカリ性です。天然毛筆はこのアルカリ性におかされる可能性があります。従ってできるだけ、合成繊維の筆を使われることをお勧めします。合成繊維の筆というと、以前は先が割れたり、描き味がわるかったりというイメージがありましたが、最近は、各メーカーとも改良が進み、天然毛同様の描き味を備えた筆も多くなってきています。また、天然毛と比べ、お手軽な価格で使えるのも魅力です。
■画用紙や水彩紙、金属、布ボール紙にジェッソを塗れば筆の運びがよくなる。   ■そのままタッチを活かしたり、サンドペーパーで平らにしたりと、多彩に。  
 
アクリル絵具 基礎テクニック アレwンジテクニク 画材BASICS
レッスン  油絵具 | アクリル絵具/ベーシックアレンジ | 水彩絵具 | パステル | TOP
基礎知識  油絵具 | アクリル絵具 | 水彩絵具 | パステル   


Page Top
Copyright (C) 2005 TALENS Co.Ltd. All Rights Reserved.